日本ビールスタッフの「気まぐれコラム」ビールがあればいつでも幸せ 日本ビールスタッフの「気まぐれコラム」ビールがあればいつでも幸せ

ビアスタイルを知ろう!<7>
【ポーター/スタウト】

前回のコラム「黒ビールはどうして黒い?【黒ビールの話】」で少し触れましたが、上面発酵の黒ビールに「ポーター」と「スタウト」という2つのスタイルがあります。今回はこの2つの黒ビールについて、紹介していきましょう。

「ポーター」は、1722年にロンドンで誕生したビールです。18世紀初頭のイギリスでは、古くなって酸味の出たブラウンエールに、新しいブラウンエールとペールエールを混ぜ合わせた「スリースレッド(3本のより糸)」というビールが流行していました。

しかし、ロンドンのパブオーナーであるラルフ・ハーウッドは、注文のたびに3種類のビールを混ぜるのは面倒だと考え、初めから工場で混ぜ合わせた「エンタイア(ひとまとめ)」というビールを販売。これが大ヒットとなりました。

このビールをとくに好んで飲んだのが、荷運び人“ポーター”であったことからこの名が付いたという説や、ポーターがビア樽を運んできた際に「ポーター!」と叫んだから付いた名だという説があります。諸説ありますが「エンタイア」という名前は浸透しなかったようです。

そんなポーターが海を渡り、アイルランドに上陸すると、大きな進化を遂げました。1778年、ギネス社のアーサー・ギネスが「スタウト」を考案します。当時は麦芽に税が課せられていたことから、税負担を軽減するために、麦芽化されていない大麦をローストして、原材料に使用したのです。

その独特の苦みや香りが評判となり、世の中に広まっていきました。「スタウト」とは「どっしりとした、頑丈な、強い」といった意味で、その強い香りと濃厚な味わいを表してします。

どちらも芳醇な味わいを楽しむビールのため、適温は11~15℃と高めです。キンキンに冷やさずに、それぞれのビールのコクや香りを楽しんでみてください。

 

【ポーター】

 

【スタウト】

  • 発酵の種類:上面発酵
  • 色:ダーク・ブラックカラー
  • アルコール度数:4~7度
  • 適温:15℃
  • 代表的なビール:サミエルスミス スタウト

黒ビールはどうして黒い?
【黒ビールの話】

「黒ビール」とは、その名の通り黒色~濃褐色をしたビール。その独特な苦みや甘みに魅せられた人や、淡色ビールと黒ビールを1:1で混ぜ合わせる「ハーフ&ハーフ」が好きだという人も多いと思います。

ではこの黒ビールの黒い色は、一体どのように作られているのでしょう? 淡色ビールと醸造方法が違うのか、それともできあがったビールを着色しているのか……。実はコレ、使われている「麦芽」の違いによるものなのです。

フルーツビールなどを除き、ビールの色は麦芽で決まります。淡色ビールでは、80℃程度で焙燥(加熱によって乾燥させること)された、色の薄い「淡色麦芽」が使われます。対する黒ビールでは「淡色麦芽」に100℃以上の高温で焙煎された「濃色麦芽」が加えられます。

濃色麦芽には、その焙煎方法や温度によって「カラメル麦芽」「クリスタル麦芽」「チョコレート麦芽」「黒麦芽」など、さまざまな種類があります。これらを組み合わせることによって、濃褐色や黒色のビールが生まれるのです。

ちなみに「黒ビール」は、小麦を加えて作られる「ホワイト」と違って、ビアスタイルではありません。スタイルでいえば、下面発酵ビールなら「ドゥンケル」「シュバルツ」、上面発酵ビールであれば「ポーター」「スタウト」が黒ビールにあたります。

同じ黒ビールとはいっても、味わいはかなり違います。お気に入りの黒ビールを探して飲み比べをしてみるのも、楽しいかもしれませんね。

【代表的なドゥンケル】

【シュバルツ】

  • 弊社取扱いビールに該当品なし

【代表的なポーター】

【代表的なスタウト】

【ブラック・ベルベット】

スタウトとシャンパンを同量で割ったカクテルが、この「ブラック・ベルベット」。日本ではあまりなじみのないカクテルですが、イギリスでは19世紀末ごろから飲まれていたようです。その名の通り、注いだときにできる泡の口当たりは、キメが細かく滑らかなベルベットを連想させます。

基本的にはスタウトとシャンパンで作るカクテルですが、スタウトの代わりにほかの黒ビール、シャンパンの代わりにスパークリングワインを使ってもOKです。この2種類を同量注ぐわけですが、作り方はいろいろあるようです。

まずシャンパンをグラスに半分注ぎ、あとからスタウトを注ぐ方法。反対にスタウトから注ぎ、あとからシャンパンを注ぐ方法。そして、シャンパンとスタウトを同時にそそぐ方法です。同時に注ぐ方法は高い技術力が必要なので、ちょっと難しいかもしれません。

また、注いだあとにステアする場合と、しない場合もあるようです。ステアする場合は、泡が出過ぎてしまわないように、軽く1回程度がいいでしょう。

使用する黒ビールとスパークリングワインの種類によって、味わいがも違ってきますので、いろいろな銘柄で作ってみて、お気に入りを見つけるのも楽しいですね。

<作り方>

  1. スタウトとシャンパンを冷やしておきます。
  2. シャンパンをグラスの1/2まで静かに注ぎます。
  3. 泡が収まったら、スタウトをグラス/1/2までゆっくり注ぎ、軽くステアすれば完成。

<おすすめのビール>

ビアスタイルを知ろう!<6>
【IPA】

ビールの品ぞろえをウリにしているお店で、よく見かけるのが「IPA」という名前のビール。これは「インディア・ペールエール(India Pale Ale)」の略で「アイ・ピー・エー」と読みます。“インドのペールエール”という意味になるのですが、インドで作られたビールではありません。

このビールが誕生した当時、インドはイギリスの植民地でした。イギリスからインドまでペールエールを船で運んだのですが、イギリスからアフリカ大陸をまわり、赤道を2回またいでインドへたどり着くまでの長い航海で、ペールエールは腐ってしまったのです。

そこで防腐効果の高いホップを大量に使い、ペールエールの腐敗を抑えました。ホップの強い香りと苦みのあるIPAは、こうして誕生したのだといわれています。

今ではこの個性豊かでインパクトのある味わいが人気となり、アメリカを中心としたクラフトビール業界では、一番人気のスタイルとなっているようです。

そんなIPAのなかにも、通常のIPAよりもさらに多くのホップを使用して作られた「インペリアルIPA(ダブルIPA)」、アメリカ産のカスケードホップを中心に作られた「アメリカンIPA」、深煎りモルトを使用して香ばしさと苦みを増した「ブラックIPA」、ベルジャンホワイトをベースとした「ホワイトIPA」など、さまざまなスタイルがあります。

IPAを味わう際は、キンキンに冷やしてノド越しを楽しむというよりは、10~12℃と少し高めの温度で、ホップの香りと深い味わいを楽しみます。

普段飲んでいるビールがちょっと物足りない、そう感じてきたらIPAを味わってみてください。これまでとは違ったビールの楽しみが発見できるかもしれませんよ。

 

あの“ビールの祭典”は
もともとビールの祭りじゃなかった!?
【オクトーバーフェストの話】

世界最大の“ビールの祭典”と言われる「オクトーバーフェスト」をご存知ですか? ドイツの都市・ミュンヘンで開催される、200年以上もの歴史があるイベントで、毎年10月第1日曜日まで、16日間かけて行われます。東京ドーム約9個分という広い会場は屋台や遊園地などが並び、世界中から訪れる600万人以上のビールファンを楽しませてくれます。

そんなオクトーバーフェストで味わえるのが、このお祭りのためだけに作られる「オクトーバーフェスト・ビール」。3月に仕込まれて夏のあいだ熟成される、アルコール度数が少し高めのビールです。冷蔵装置がなかった時代、夏の暑さで腐敗しないようにアルコール度数を高め、ホップの量を多くすることで保存性を高めたのがルーツだといわれています。

このビールを作ることができるのは、公式ブルワリー6社のみで、これをマスと呼ばれる1リットルのジョッキで楽しむのです。

 

そんなオクトーバーフェスト、もともとはビールのお祭りではありませんでした。1810年10月にバイエルン王国のルードヴィヒ皇太子とテレーゼ王女の結婚式のお祝いが、この祭典のきっかけでした。城壁前の緑地では大規模な競馬が行われ、翌年もその緑地で競馬が開催されることになり、ここからオクトーバーフェストが始まることとなります。のちにこの緑地は「テレーゼの緑地」と呼ばれるようになりました。現在もオクトーバーフェストが行われている会場は、ここ「テレーゼの緑地」です。

現在では、世界各地でオクトーバーフェストが開催されています。最近は日本でも人気のイベントとして知られるようになり、全国で開催されるようになりました。ぜひ一度足を運んで本場の味を楽しんでみてください!

 

※写真はイメージ