日本ビールスタッフの「気まぐれコラム」ビールがあればいつでも幸せ 日本ビールスタッフの「気まぐれコラム」ビールがあればいつでも幸せ

“ビールの魂”とも呼ばれる
【ホップの話】

ビール作りに欠かせない主原料のひとつ「ホップ」。ビール特有の香りや苦みを作り出すだけでなく、ビールの泡持ちをよくしたり、殺菌作用があったり、ビールに透明感を与えたりする働きもあります。

Green hops

ホップはアサ科カラハナソウ属のつる性植物で、収穫期の8~9月には10mほどの高さに成長します。ビールの醸造に使われるのは、松ぼっくりのような形をした花の部分「球花」です。この球花の中には「ルプリン」と呼ばれる黄色い粒が入っていて、これがビールの香りや苦みの成分になります。

ホップがビール作りに本格的に使われるようになったのは、14世紀ごろから。5000年以上と言われるビールの歴史を考えると、比較的最近のことです。ホップが使われる以前は、ハーブや香辛料を配合した「グルート」と呼ばれるものが使われていました。しかし、ホップのほうが味わいや防腐効果に優れていたことから、徐々に主流になっていきました。

そのホップの特徴を最大限活用して作られたのが「IPA(インディアンペールエール)」。かつて、イギリスから東インド会社に船でビールを運ぶ際、腐敗しないように防腐効果の高いホップを大量に使用して作られたビールです。今ではその強い苦みのある個性的な味わいが人気となっています。

そんなビールの味わいを決めるのに重要な役割を果たしているホップですが、大きく3種類に分けることができます。

ひとつは「ファインアロマホップ」。ほかのホップに比べて香りや苦みが穏やかで、上品な品種とされています。「アロマホップ」は香りが強いのが特徴。味わいは穏やかです。そして「ビターホップ」は苦み成分が多く含まれる品種で、スタウトなどに使われることが多い品種です。

“ビールの魂”と呼ばれることもあるホップ。次にビールを飲むときは、ホップを感じながら味わってみると、今までとは違って感じるかもしれませんね。

ビールの味わいは酵母で決まる!
【ビール酵母の話】

ビールをはじめ、お酒を作るうえで欠かせないのが「酵母」です。酵母とは5~10ミクロンほどの大きさの菌類で、卵のような形に小さな突起が出ている姿をしています。

酵母は糖類を食べ、酸素があるときは呼吸を行って炭酸ガスと水に分解、酸素がないときは発酵を行って炭酸ガスとアルコールに分解します。酵母の種類のひとつである「ビール酵母」は、このアルコール発酵で大量のアルコールを生産するとともに、優れた味と香りを作り出す特徴があります。

そのビール酵母のなかにも種類があって、大きく「上面発酵酵母」と「下面発酵酵母」に分けられます。上面発酵酵母は15~25℃の温度で発酵し、フルーティーな香りのもとであるエステルなどを多く作り出します。発酵の際に発酵液の表面に浮かび上がる性質を持つことから、このように呼ばれています。この上面発酵酵母で作られたビールを総称して「エールビール」と呼ぶことから「エール酵母」とも呼ばれています。

対する下面発酵酵母は、5~10℃前後の低温で発酵する酵母で、香味成分は多く発生しませんが、キレのある爽やかなノド越しを作り出します。発酵の際に酵母が沈むことからこの名が付けられています。下面発酵ビールは「ラガービール」と呼ばれることから、この酵母は「ラガー酵母」とも呼ばれています。

そんな酵母のなかにも、スッキリとキレのある味わいを生み出す酵母、豊かな香りが特徴の酵母、味に深みを与える酵母など、さまざまな種類があります。その中からどんな特徴の酵母を使うかによって、ビールの味わいも決まってくるのです。

【モヒートビール】

暑い夏に飲みたくなるさわやかなカクテル「モヒート」。キューバのハバナで誕生したカクテルで、ラムをベースにライム、ミント、砂糖、炭酸水を入れて作りますが、炭酸水の代わりにビールを入れるのが、今回紹介する「モヒートビール」です。

ミントとライムの爽やかさだけでなく、そこにホップの苦みが加わるので、モヒートに比べるとちょっと大人の味わいが楽しめます。

おいしく作るポイントは、すべての材料をよく冷やしておくこと。そして、ミントやライムは潰しすぎないようにしましょう。

また使用するラムは、無色透明な「ホワイトラム」がおすすめです。褐色のラムよりもライトな味わいなので、スッキリと味わうモヒートビールにはホワイトラムがよく合います。

「ちょっと手間がかかって面倒だな……」という人は「モヒート オリジナル」など、市販の瓶入りモヒートを使ってもOK。割るビールによって味わいも変わるので、いろいろなビールで楽しんでみてください。

<作り方>

  1. よく冷やしたグラスに、くし形に切ったライム1/4個、グラニュー糖小さじ1~2を入れて、スプーンやすりこぎ棒などで潰します。
  2. グラニュー糖がほぼ溶けたら、ミントの葉20枚ほど入れて、さらに軽くすりつぶします。
  3. クラッシュアイスをグラス一杯まで入れ、ラムをグラス1/2、ビールをグラス一杯まで注いで軽くステアすればできあがり。

<おすすめのビール>

<手軽に作りたい人はコチラ>

【セルベッサ・二コラ】

カンパリと合わせたビアカクテルといえば「カンパリビア」が有名です。カンパリの苦みと甘さがビールのほろ苦さとよく合う飲みやすいカクテルですが、もう少しパンチが欲しいという声もよく聞きます。

そこでおすすめしたいのが、カンパリとビールにウォッカを加えて作る「セルベッサ・二コラ」です。ビールを使ったカクテルは、氷を入れると薄まってしまうことから、あまり氷が使われません。ですがこのカクテルは、氷でグラスを満たしてキンキンに冷やして飲むのが特徴の、暑い夏にピッタリの1杯です。

アルコール度数は少々高めですが、飲み口は爽やか。氷が溶けていくことで、味わいが徐々に変化していくのを楽しむのもいいでしょう。よりビールを味わいたいという人は、ビールの量を増やしてもおいしくいただけます。

ちなみに「セルベッサ」とは、スペイン語でビールのこと。ですからこのカクテルでも、ビールの風味を存分に堪能できます。

<作り方>

  1. クラッシュアイスをグラス一杯に入れ、カンパリをグラス1/4、ウォッカをグラス1/4注ぎ、よく冷えるまでステアします。
  2. 十分冷えたらビールを注いでできあがり。

<おすすめのビール>

【モナコ】

「ビールは苦いからあまり飲まない」という人もいると思います。そんな人におすすめしたいのが「モナコ」というビアカクテル。ビールにレモネードとグレナデンシロップ(ザクロのシロップです)を混ぜ合わせた、甘くて飲みやすい暑い夏にピッタリのカクテルです。

フランスのバーやカフェには必ず置かれているという定番カクテルで、とくに女性に人気があるようです。透明感のあるきれいな赤い色が女性好みなのかもしれませんね。ちなみにこのカクテルは、モナコ公国の国旗の色に似ているからこの名が付いたとも言われています。

このカクテルには、写真にある「クローネンブルグ・ブラン」のようなホワイトやエールなど、柑橘系の風味があるビールがオススメですが「ちょっと個性的で飲みにくいな」と思うビールを使ってもOK。甘みが加わるので飲みやすくなります。

またレモネードではなく、レモンスカッシュや7upなどで作ったり、氷を入れて作ったりしてもOKです。材料の分量を変えて、お好みのモナコを作ってみるのも楽しいと思いますよ。

<作り方>

  1. あらかじめすべての材料を冷やしておきます。
  2. レモネードをグラスの1/3、グレナデンシロップ小さじ2を入れてよく混ぜます。
  3. そしてビールをグラス一杯に注いで軽くステアすれば完成です。

<おすすめのビール>