日本ビールスタッフの「気まぐれコラム」ビールがあればいつでも幸せ 日本ビールスタッフの「気まぐれコラム」ビールがあればいつでも幸せ

このひと手間でプロの味
【三度注ぎ】

缶ビールや瓶ビールを飲むとき、無造作にグラスに注いではいませんか? 実は注ぎ方ひとつで、ビールはもっとおいしくなるのです。その注ぎ方が「三度注ぎ」と呼ばれる方法です。ビールを泡立てながら3回に分けて注ぐことから、この名が付いています。

泡をしっかり付けることで、グラスのフタになります。このフタがあることで、ビールの香りや炭酸が逃げにくくなり、最後までおいしく飲むことができるのです。

このひと手間をかけることで、普段何気なく飲んでいるビールもビアホールの味に近づきます。ぜひ一度、チャレンジしてみてください!

<「三度注ぎ」の手順>

  1. グラスをテーブルに置き、グラス底面に当たるように勢いよくビールをグラスの半分まで注ぎます。
  2. 上部の粗い泡が消えたら、今度はグラスの9分目までゆっくりとビールを注ぎます。
  3. 粗い泡が消えたら、3度目もゆっくりと注ぎます。グラスの縁から泡が盛り上がるように注ぎ入れたら完成。ビールと泡の比率は7:3が理想的です。

泡はビールの味を左右する!?
【ビールの泡の秘密】

ビールをビールらしく見せるのは、グラスにふっくらとした泡があること。ビールに泡が付いていないと、なんだかおいしそうに見えませんよね? 実はこの泡、おいしそうに見せる演出だけではなく、本当においしくするためのものなのです。

この泡は、いわば“フタ”のような役割を果たし、炭酸ガスや香りが逃げてしまうことを防いだり、ビールが空気に触れて酸化するのを防いでくれたりするのです。

また泡には、苦みの成分を取り込む性質があるため、泡を作らないと苦みを強く感じてしまいます。さらに炭酸ガスも抜けないので、本来の口当たりよりも刺激が強くなってしまいます。

今まで缶ビールは、缶から直接飲んでいたという人とは、ぜひグラスに注いでから飲んでみてください。きっと同じビールでも、味が違って感じられるはずですよ。

【レッド・アイ】

ビールと同量のトマトジュースを合わせたカクテル。赤い色がきれいなビアカクテルの定番です。ビールの苦味が抑えられるので「ビールが苦手」という人でも飲みやすい1杯です。

味が少々ぼやけるように感じる人は、塩やコショウ、レモン汁、タバスコなどを少々入れると味が引き締まります。また、トマトジュースに含まれるリコピンやグルタチオンなどの成分が二日酔い予防になると言われているので、次の日が心配な人はぜひ!

<作り方>

  1. グラスに冷やしたトマトジュースを注ぎます。目安はグラスの半分ほど。
  2. その上から静かにビールを注ぎます。
  3. 炭酸が抜けないように、軽くステアしたら完成です。

<おすすめのビール>

  • オーガニックビール(ドイツ)
  • 有機農法ビール(日本)
  • 辛い味がお好みでしたら、チリビール(メキシコ)