NEWS

NEWS一覧

2019.10.31

未来型ビアーサーバーと
Tigerビールのコラボイベント開催!!

 

2019年11月1日(金)~4日(月・祝)の4日間、東京・新宿サナギにて、アジアを代表するシンガポールのプレミアムビール「タイガー」の期間限定イベント「Tiger ROAR 勇気EDITION」を開催いたします。それに先駆け、10月30日(水)にオープニング・レセプションが行われ、多くの来場者が詰めかけました。

会場には、シンガポールと日本のシェフがコラボしたスペシャルフードの数々や、新進気鋭のアーティストのアート作品なども展示され、ミュージシャンKEIZOMACHINE!(ケイゾーマシーン)のDJプレイが加わり会場は最高にヒートアップ。

さらに、イベントの目玉として革命的ビアサーバー「BLADE(ブレード)NBC-40」がお披露目!「タイガー」はもちろん「アフリゲム」「デスペラードス」「エーデルワイス」といった世界のビールが並び、実際に操作してビールを注いだ来場者の方々からは、このサーバーはいいね!と使いやすさを大絶賛。

期間中は様々なミュージシャンも来場するなどイベントを盛り上げます!皆さんも、美味しいビールとスペシャルフードで、アジアンな夜を満喫してみては!!

「BLADE(ブレード)NBC-40」は従来のビアーサーバーと違い、ガスボンベが不要なのでどこでも設置可能な優れもの!移動も簡単なのでお店のほか、イベントやアウトドアでも大活躍。使い捨ての樽だから管理も簡単!コンセントひとつあれば実働可能なのでご自宅でのパーティーでも大人気間違いなし!

個人でも入手可能なので詳細は日本ビールまでお問い合わせください。

 

2019.06.26

【緊急告知】
「レモンビール 缶・瓶」回収についてのお知らせ

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は弊社のビールをお買い上げいただきまして、誠にありがとうございます。

現在、「レモンビール」の賞味期限2020年1月13日の商品(缶製品)におきまして破裂及び変形が、一部の商品で発生している事が判明いたしました。
ご迷惑をお掛けいたしまして、誠に申し訳ございません。

「レモンビール缶」の缶上部破裂及び変形の原因は、ビールに酵母菌が残留していた事によるものです。これは、検査機関による検査によって確認されました。
ビールの中に酵母が残留した事により、その酵母の働きで容器内において発酵が起きて内圧が高まる事により破裂また、変形したものです。
この、残留している酵母は、人体への影響はございませんので、もしお飲みになったとしても健康被害はございません。
本来、ビールを充填する際にはフィルターによって酵母を取り除きますが、なんらかの理由で残留したと思われます。その原因につきましては、現在調査をしております。
また、当該商品の次のロットで製造したレモンビールに酵母の残留が無い事は確認済みでございます。

現在、在庫をお持ちになっている商品につきましては、着払いにて返品をお受けいたします。
返品をお受けした分につきましては、代替え品をお送りさせていただきます。
(瓶につきましてはまだ破瓶は発生しておりませんが、在庫をお持ちでしたら合わせて回収をいたします。)
缶・瓶それぞれのお持ちの在庫数をお知らせいただきますよう、お願い申し上げます。
(連絡先の電話番号:03-5489-8888)

この度の破裂・変形缶につきまして、事情ご賢察の上、何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。
また、今後とも引き続きご愛顧いただきますよう重ねてお願い申し上げます。

【当該商品】
※賞味期限が2020年1月13日の商品です。(賞味期限表示は、“20200113”)
■レモンビール 350ml缶
■レモンビール 330ml瓶
■レモンビール+C 350ml缶
※モレーナレモンにつきましては、当該の賞味期限の商品は出荷されておりませんので対象外です。

【当該商品の送り先】
〒411-0913 静岡県駿東郡清水町戸田6-1
日本ビール(株)静岡倉庫 担当:真田
電話番号:055-955-7310

2018.04.16

英国産プレミアム・クラフトジン「こころ」
発表試飲会を開催

2018年4月13日(金)に駐日英国大使館にて、日本ビールが5月に発売を予定している英国産プレミアム・クラフトジン「こころ」の発表試飲会を開催いたしました。

英国産プレミアム・クラフトジン「こころ」は、作家でナチュラリストのC.W.ニコル氏がプロデュースし、英国ロンドン在住の甥であるジェームス・ニコル氏によって醸造されたロンドン・ドライジンです。

原料にねずの実、コリアンダーシードなど9種類もの薬草成分(ボタニカル)をアレンジして蒸留。とくにC.W.ニコル氏が自ら選定した日本産の青山椒のピリッとした風味は「こころ」の大きな特長となっています。

発表試飲会の当日は、企画・開発に携わったC.W.ニコル氏も来場。彼が40年近くにわたって住んでいる長野県黒姫山の自然、そこに自生する青山椒との出会いなど、「こころ」に込めた思いを話していただきました。

その後に開かれた試飲会では、まず「こころ」本来の味わいを感じてもらうために、ストレートやロックで飲んでいただき、そのあとはC.W.ニコル氏が日ごろから楽しんでいる、ジントニックに青山椒の粉をひとつまみ入れて味わうという飲み方を試していただきました。

「こころ」本来の味を損なうことなく、青山椒のさわやかな香りが広がるこの飲み方に、参加者の方々から「おいしい!」「クセになりそう」という言葉が聞かれました。

日本の森が育んだ自然の魂が息づく、英国産プレミアム・クラフトジン「こころ」。ぜひ一度、ご自宅やお店で味わってみてください。

2018.02.13

第7回「シクロクロス東京」に出店しました。

2018年で7回目を迎えた「シクロクロス東京」。2月10日(土)・11日(日)の2日間に渡り、東京・お台場海浜公園にて開催されました。

シクロクロスとは長い砂浜や木々の間を走り抜ける自転車のオフロード競技。漕いだり、押したり、担いだり、転倒して泥だらけになったりと、めまぐるしい展開で、さながら自転車界の格闘技といってもおかしくないような過酷なレースです。それでも人気は高く、競技に参加する人数も年を追って増えているそうです。

三連休ということもあり会場のお台場海浜公園はギャラリーはもちろんのこと、たまたま通りかかったカップルや家族連れも足をとめて普段ではあまり見ることのできないレースにくぎ付けでした!

寒空の中でしたが、選手はもちろん、大きな歓声をあげて応援しているギャラリーも、とっても熱い2日間になりました。

レースの他にも各自転車関連のショップさんや食べ物屋さんも多数出店していて、会場はお祭りムード!すっかりお馴染みになった日本ビールのブースにも、次から次へと喉の乾きを癒したいお客様で大賑わいでした。

生ビールをはじめとした、各種海外のビール。カクテルやノンアルコールビールも大人気。大勢のお客様にお越しいただきありがとうございました。

来年も同時期に開催の予定。機会があれば、是非レース観戦に足を運んでみてはいかがですか。

 

2018年大会の詳しい情報は http://www.cyclocrosstokyo.com

2018.02.09

2月10日(土)・11日(日)の2日間
「シクロクロス東京」に出店します!

日本ではあまり聞かない競技ですがヨーロッパでは大人気の自転車競技シクロクロス。2018年2月10日(土)・11日(日)の2日間に渡り開催されます。東京・お台場海浜公園に設けられた特設コースは、砂浜をはじめ様々な急坂や階段など下車して越えなければならない障害物も盛りだくさん。時間内に何周できるかを争うとっても熱〜い競技です。海外からの招待選手や日本のトップ選手が一堂に集まるこの大会は見所も満載!ギャラリーもヒートアップ間違いなし!

日本ビールではそんなギャラリーの盛り上がりにお応えして、今年もブースを出店。ビール片手に応援するもよし。熱くヒートアップしたカラダを冷たいドリンクで癒すもよし。大会初の樽生も用意して皆様のご来場をお待ちしております。是非お立ち寄りください。

(写真はすべて2017年の大会のものです)

詳しくは http://www.cyclocrosstokyo.com