NEWS

NEWS一覧

2018.04.16

英国産プレミアム・クラフトジン「こころ」
発表試飲会を開催

2018年4月13日(金)に駐日英国大使館にて、日本ビールが5月に発売を予定している英国産プレミアム・クラフトジン「こころ」の発表試飲会を開催いたしました。

英国産プレミアム・クラフトジン「こころ」は、作家でナチュラリストのC.W.ニコル氏がプロデュースし、英国ロンドン在住の甥であるジェームス・ニコル氏によって醸造されたロンドン・ドライジンです。

原料にねずの実、コリアンダーシードなど9種類もの薬草成分(ボタニカル)をアレンジして蒸留。とくにC.W.ニコル氏が自ら選定した日本産の青山椒のピリッとした風味は「こころ」の大きな特長となっています。

発表試飲会の当日は、企画・開発に携わったC.W.ニコル氏も来場。彼が40年近くにわたって住んでいる長野県黒姫山の自然、そこに自生する青山椒との出会いなど、「こころ」に込めた思いを話していただきました。

その後に開かれた試飲会では、まず「こころ」本来の味わいを感じてもらうために、ストレートやロックで飲んでいただき、そのあとはC.W.ニコル氏が日ごろから楽しんでいる、ジントニックに青山椒の粉をひとつまみ入れて味わうという飲み方を試していただきました。

「こころ」本来の味を損なうことなく、青山椒のさわやかな香りが広がるこの飲み方に、参加者の方々から「おいしい!」「クセになりそう」という言葉が聞かれました。

日本の森が育んだ自然の魂が息づく、英国産プレミアム・クラフトジン「こころ」。ぜひ一度、ご自宅やお店で味わってみてください。

2018.02.13

第7回「シクロクロス東京」に出店しました。

2018年で7回目を迎えた「シクロクロス東京」。2月10日(土)・11日(日)の2日間に渡り、東京・お台場海浜公園にて開催されました。

シクロクロスとは長い砂浜や木々の間を走り抜ける自転車のオフロード競技。漕いだり、押したり、担いだり、転倒して泥だらけになったりと、めまぐるしい展開で、さながら自転車界の格闘技といってもおかしくないような過酷なレースです。それでも人気は高く、競技に参加する人数も年を追って増えているそうです。

三連休ということもあり会場のお台場海浜公園はギャラリーはもちろんのこと、たまたま通りかかったカップルや家族連れも足をとめて普段ではあまり見ることのできないレースにくぎ付けでした!

寒空の中でしたが、選手はもちろん、大きな歓声をあげて応援しているギャラリーも、とっても熱い2日間になりました。

レースの他にも各自転車関連のショップさんや食べ物屋さんも多数出店していて、会場はお祭りムード!すっかりお馴染みになった日本ビールのブースにも、次から次へと喉の乾きを癒したいお客様で大賑わいでした。

生ビールをはじめとした、各種海外のビール。カクテルやノンアルコールビールも大人気。大勢のお客様にお越しいただきありがとうございました。

来年も同時期に開催の予定。機会があれば、是非レース観戦に足を運んでみてはいかがですか。

 

2018年大会の詳しい情報は http://www.cyclocrosstokyo.com

2018.02.09

2月10日(土)・11日(日)の2日間
「シクロクロス東京」に出店します!

日本ではあまり聞かない競技ですがヨーロッパでは大人気の自転車競技シクロクロス。2018年2月10日(土)・11日(日)の2日間に渡り開催されます。東京・お台場海浜公園に設けられた特設コースは、砂浜をはじめ様々な急坂や階段など下車して越えなければならない障害物も盛りだくさん。時間内に何周できるかを争うとっても熱〜い競技です。海外からの招待選手や日本のトップ選手が一堂に集まるこの大会は見所も満載!ギャラリーもヒートアップ間違いなし!

日本ビールではそんなギャラリーの盛り上がりにお応えして、今年もブースを出店。ビール片手に応援するもよし。熱くヒートアップしたカラダを冷たいドリンクで癒すもよし。大会初の樽生も用意して皆様のご来場をお待ちしております。是非お立ち寄りください。

(写真はすべて2017年の大会のものです)

詳しくは http://www.cyclocrosstokyo.com

2017.12.02

日本全国の人気ベーカリーが集まる「IKEBUKUROパン祭」に出店!

2017年11月30日(木)~12月5日(火)の6日間、東京・池袋の東武百貨店 池袋本店で開催された「IKEBUKUROパン祭」に、日本ビールも出店させていただきました。初開催となったこのイベントには、全国の人気ベーカリー49店舗が参加。約350種類のパンが並び、会場はたいへんな賑わいをみせていました。

日本ビールが提供したのは「ヴァイエンステファン生ビール」をはじめ「クローネンブルグ・ブラン」「ジェード・オーガニック」「ライオン5」「有機農法・富士ビール」など、世界各国のプレミアムビール。会期中はたくさんの人が訪れ、普段目にする機会が少ない世界のビールを堪能していました。
パンもビールも、同じ麦を原料にしているので相性は抜群。ぜひ普段からも試してみてください。

世界の銘品ビールを扱っている日本ビール。今後もいろんなイベントやビアフェス会場で、おいしいビールを揃えてお待ちしております!目にすることがありましたらぜひお立ち寄りください。

■東武百貨店「IKEBUKUROパン祭」
2017年11月30日(木)~12月5日(火)
東京・池袋の東武百貨店 池袋本店 8F催事場にて

2017.08.25

ビールの種類・製法を学び
30種類以上のビールを試飲!

日本ビールでは、毎月1~2回、お取引先様を対象とした「ビール勉強会」を開催しています。この勉強会では、ビールの歴史からスタイル・製造工程などを共に学びながら、日本ビールが取り扱う商品をテイスティング。スタイルによる味の違いや、それぞれの味わいと相性のいい料理を楽しんでもらい、ビールへの興味をさらに深めていただくことを目的としています。

今回は8月22日(火)に行われた勉強会の様子を紹介します。講師役はビールをこよなく愛する近藤が担当。ビールの種類(スタイル)や製造工程など関する話題から、ナチュラルビール(酵母が生きている熟成ビール)やプロセスビール(加工されることで酵母が死滅するため、製造後は早めに飲んだ方がいいビール)など、一般にあまり馴染みのない区分けなどについても紹介しました。

勉強会の後半は、実際に30種類以上のビールを試飲しながらさまざまな料理とのペアリング(相性)を実施。まずは、レモンビール、ラドラー、ニュートンといったさわやかなフルーツ系ビールにはエビフライを。続いて、有機農法・富士ビールなどのピルスナー系にはマカロニサラダ、サミエルアダムス・ボストンラガーなどのアンバー系にはお肉やモッツァレラチーズをチョイス。試飲後半には、実際にカカオが入ったフローリス・チョコレートにチーズケーキを合わせてみたり、積極的に面白い組み合わせを紹介させていただきました。

次から次へ並べられていく瓶、瓶、瓶…。こうして見ると、海外のビールはラベルも個性的で可愛いですね。いろんなスタイルがあって、それぞれの味わいの幅が広いのも特長と言えます。皆さんもぜひ、お好みのビールと相性のいい料理を見つけてみてください。